2013年 03月 10日

3/16うどんやさんの一箱古本市の店主さんたち(2)

3/16 うどんやさんの一箱古本市!
(最近はこのフレーズがいつでもどこでも口をついて出てくる様になりました)

出店者さん第2弾の発表です。(パチパチ)

7:川西バンドワゴン No Book No Life=本のない人生なんて考えられない!初心者だし、蔵書の内容もばらばらなんですが、本好きなので本好きな人たちの交流出来るイベントを楽しみたいです!

8:tomate de arbol どこにでもありそうでないもの。食べてみると個性的な味でくせになる。そんなtomate de arbol のようなもの達。

9:ブックスダカラデザイン、文学、エトセトラ。雑多なわたしの本箱を少〜し切り取ってお持ちします。
ホームページ:sunotakara_button_arts

10:休日書店 青々堂 大阪府富田林市のじないまちで、お休みが続けてとれた時たま~に開店する「休日書店」です。 店長は「ねる」という人見知りにゃんこです。今回は「出張de休日書店」で「のほほ~ん♪な一箱」にしたいです。中身は見てのお楽しみ~☆

11:絹延橋ちゅるちゅる書房 いらない本と買ってほしい本がちがいすぎて、なやんだ末に出て来るラインナップ。おたのしみ下さい。
ブログ:うどん屋の2階

No.11の箱は、そう!絹延橋うどん研究所のご主人です。1階でうどんを茹でているので、箱の前にはおられませんが、今回お店を出してもらえることになりました。2Fの本棚のファンも多いはず。どんな本が集まるのか、楽しみです。

先日会場をじっくり下見して、「これ以上箱が入らない!」ということで出店を締め切ることにしました。(注:現在「保留」で聞いている方は、保留のままです。ごゆっくりお考え下さい)

念のために言いますが、申し込んでいない方が16日に箱に本を詰めて持ってきても出店はできませんので、ご了承下さいね。
[PR]

by en_bok | 2013-03-10 13:08 | 一箱古本市


<< うどんやさんの一箱古本市【兵庫...      3/16うどんやさんの一箱古本... >>