2016年 04月 10日

川西空想書店 書店紹介2:まがり書房

川西空想書店に出店いただく書店を1つずつ紹介いたします!


e0307280_6361525.jpg



山椒は小粒でピリリと辛い。山田くーん座布団一枚。
まがり書房【まがりしょぼう】


毎度ありがとうございます。まがり書房と申します。
本好きをこじらせた中年男が、小さく本を商っております。
実店舗はありませんが、いつかは持ちたいと思っています。
品ぞろえは名刺代わり。
ぜひご覧下さいませ。







《enbok note》
一箱古本市時代から数えて3回目の出店となります。
すっかり常連さんのまがり書房さん。
昨年は価格のついてない(売らない)お宝本を色々見せていただきました。
今年は何を見せていただけるのか、楽しみにしています。
[PR]

by en_bok | 2016-04-10 08:00 | 川西空想書店


<< 川西空想書店 書店紹介3:アト...      川西空想書店 書店紹介1:ko... >>