<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 24日

うどんやさんの一箱古本市回顧録:箱紹介(3)

e0307280_645653.jpg


(左)ルバルバさん。エスニックな布でくるんだ箱とCDのジャケットがいい味を出しています。育児に関する本がたくさん。ママの愛がつまってます。
(右)今回のマスコットキャラクターの10カ月ベビちゃんを暖かく見守る大人2人。今回のイベントの盛上げ役にその自由なキャラを発揮してくれました。ありがとー。

e0307280_6451898.jpg


(左)栞WSにて。てぬぐいはぎれを真剣に選ぶ(ナ)。この後欲張りすぎて柄出しに失敗しました。今だ落込んでいます。
(右)お子様からつくれる栞WS。大人から子どもまで楽しんで作っておられました。「ベスト売上賞」受賞です。

e0307280_6571141.jpg


おまけ。(ナ)の作ったしおりです。てぬぐいハギレ栞の方は2種類の柄を出したくて欲張った結果どっちも出なかった、という残念な結果に。。。

(ナ)
[PR]

by en_bok | 2013-03-24 23:05 | 川西空想書店
2013年 03月 24日

うどんやさんの一箱古本市回顧録:箱紹介(2)

e0307280_644441.jpg


(左)+Plants さん。ステキなグリーンがお店によく映えてました。
(中)アップグルリンさん。小物やボウルに入った毛糸がかわいい!
(右)川西バンドワゴンさん。読みごたえありそうな翻訳小説がずらっとならびます。ロゴもとても目を惹きました。

e0307280_6442482.jpg


(左)ブックスダカラさん。うどんすきのお店「美々卯」の箱をセレクトする所がさすがです(笑)店番ができない分、本のPOP が語っています。
(中)本のみ段ボール箱に入れたすっきり一箱。今回は看板をスクラップブッキングのパーツで作りました。
(右)tomate de arbolさん。写真の奇麗ないろんな国の本が並んでました。並べている雑貨は必ずと言っていい程子どもが触っていく人気っぷり。

(ナ)
[PR]

by en_bok | 2013-03-24 06:02
2013年 03月 24日

うどんやさんの一箱古本市回顧録:箱紹介(1)

今回の一箱古本市、実は出店者11組中、女性が10組でした。
そのせいか北摂ブランドのプライドか(笑)オサレな箱が並びました。

e0307280_7495654.jpg


(左)hygge. さん。机に合った木の箱や器使いが光っていました。
(中)hygge. さんはこの日のためにオリジナルの本ブローチを作ってきてくれました。
   感激!ミナクチがひとつ購入しました。
(右)青々堂さん。箱を運ぶキャリーも上手に使ってレイアウト。
   一箱古本市のベテラン店主さんの技が光っていました。
   店主・スタッフの支持を得て、「ベスト店主賞」受賞です。

e0307280_750679.jpg


(左)絹延橋ちゅるちゅる書店さん。うどんやさんにふさわしい竹ざるにこれでもか!と盛られる本。このお店の常連さんにはおなじみの暖かい文字が目を引きます。
(右)蜩やさん。ステキなトランクを使った箱には食に関する本が並びます。隣の紙雑貨もセレクトが光っています。

(ナ)
[PR]

by en_bok | 2013-03-24 06:02
2013年 03月 23日

うどんやさんの一箱古本市回顧録

e0307280_7482858.jpg
うどんやさんの一箱古本市を終え、1週間経ちました。

当日はとても良いお天気に恵まれ、土曜日と言うこともあり沢山の方にご来場いただきました。
絹延橋うどん研究所さんの2階はとても居心地の良い空間。
お客様も、ライブを終えたバンドメンバーも、
ゆったりまったり、古本市、ライブ、ワークショップでそれぞれの時間を過ごされていました。
Enbokの2人もその雰囲気を見てニヤニヤ。

あの日があったのはご協力、応援くださった方々のおかげです...。
本当にありがとうございました!

絹延橋うどん研究所のオーナーにも「次回を!」と言っていただけました。
色々な反省点もふまえ、次回開催に挑みたいと思っています。

でもまずは。
第一回うどんやさんの一箱古本市の回顧録を数回にわたってお伝えします。
どうぞお付き合いください。

(ミ)
[PR]

by en_bok | 2013-03-23 10:00 | 川西空想書店
2013年 03月 16日

うどんやさんの一箱古本市インフォ

「うどんやさんの一箱古本市」は
この日程で開催です!


【日時】   2013年3月16日(土) 11時〜16時
【会場】   絹延橋うどん研究所
       カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」
       兵庫県川西市小戸3丁目23−6
       能勢電鉄絹延橋駅 徒歩1分30秒
       ※公共交通機関でのご来場をお願い致します。
 【入場料】   無料

e0307280_8363491.jpg


皆様のお越しを、心からお待ちしております。
(主催:enbok)
[PR]

by en_bok | 2013-03-16 08:38 | 川西空想書店
2013年 03月 11日

うどんやさんの一箱古本市【兵庫・川西】フライヤー設置店一覧

A6 サイズのフライヤーをカフェ、書店などに置いていただいています。
近くの方も、遠くの方も、ありがとうございます。
快く設置を引き受けてくれて、古本市を応援していただいています。
その声がenbok の日々の励みになっています。

【兵庫県川西市】
絹延橋うどん研究所ロピスラボGUFOhygge.
、大和薬局、NOMABread studio cotocoto

【兵庫県 その他】
ハニカムブックス伊丹市立図書館 ことば蔵ギャラリエ6C、2階洞古書店、cafe mannasoramimibunco

【大阪府】
家ie絵本と雑貨 pieni silta高山文庫まま・めぞん鍵屋別館Repos de midi

【京都府】
恵文社バンビオ店町家古本はんのき

(2013.3.10現在 順不同)

うどんやさんの一箱古本市 詳しくはコチラ
e0307280_584627.jpg

[PR]

by en_bok | 2013-03-11 19:00 | 川西空想書店
2013年 03月 10日

3/16うどんやさんの一箱古本市の店主さんたち(2)

3/16 うどんやさんの一箱古本市!
(最近はこのフレーズがいつでもどこでも口をついて出てくる様になりました)

出店者さん第2弾の発表です。(パチパチ)

7:川西バンドワゴン No Book No Life=本のない人生なんて考えられない!初心者だし、蔵書の内容もばらばらなんですが、本好きなので本好きな人たちの交流出来るイベントを楽しみたいです!

8:tomate de arbol どこにでもありそうでないもの。食べてみると個性的な味でくせになる。そんなtomate de arbol のようなもの達。

9:ブックスダカラデザイン、文学、エトセトラ。雑多なわたしの本箱を少〜し切り取ってお持ちします。
ホームページ:sunotakara_button_arts

10:休日書店 青々堂 大阪府富田林市のじないまちで、お休みが続けてとれた時たま~に開店する「休日書店」です。 店長は「ねる」という人見知りにゃんこです。今回は「出張de休日書店」で「のほほ~ん♪な一箱」にしたいです。中身は見てのお楽しみ~☆

11:絹延橋ちゅるちゅる書房 いらない本と買ってほしい本がちがいすぎて、なやんだ末に出て来るラインナップ。おたのしみ下さい。
ブログ:うどん屋の2階

No.11の箱は、そう!絹延橋うどん研究所のご主人です。1階でうどんを茹でているので、箱の前にはおられませんが、今回お店を出してもらえることになりました。2Fの本棚のファンも多いはず。どんな本が集まるのか、楽しみです。

先日会場をじっくり下見して、「これ以上箱が入らない!」ということで出店を締め切ることにしました。(注:現在「保留」で聞いている方は、保留のままです。ごゆっくりお考え下さい)

念のために言いますが、申し込んでいない方が16日に箱に本を詰めて持ってきても出店はできませんので、ご了承下さいね。
[PR]

by en_bok | 2013-03-10 13:08 | 川西空想書店
2013年 03月 09日

3/16うどんやさんの一箱古本市の店主さんたち(1)

いよいよ3/16まであと一週間!
お待たせしました。出店者のみなさんの発表(1)です。

1:蜩や 知人の古書店主の影響を受け、セドリのまねごとを始めたのが運の尽き。棚に収まりきらない本が、床に積み上げられ、人の住まいを侵食していきました。同じ本を複数回購入してしまう事もしばしば・・・。目標は、自宅床面積拡大です。

2:ルバルバ アートから料理、文学書まで。目で見るだけて楽しめる本をメインに取り揃える予定。
       ブログ:ウタコの関西道中膝栗毛
3:+plants 日々の暮らしと心と身体の癒しにまつわる本など。庭で育てている植物も少し連れて行きます。
       ホームページ:定点観測日誌

4:hygge. ちょっとした旅をしたくなるような古本たちを集めてます。
      ホームページ:日々眼鏡

5:cross*  おいしいもの、本、紙が好き。どんなものが飛び出すかは、16日のお楽しみ。
      ブログ:cross* days

6:アップグルリン 「つくる」箱 自宅で、少人数制のパン教室をしています。パンに限らず、なにやら作るということが好きです。(作りかけのものも多々ありですが…)つれ合いさんは、グラフィックデザインをしています。そんな彼の創るに関する本なんかも一箱に一緒にと思っています。
          ブログ:パン教室”cotocoto”の春夏秋冬 コトコトなコト

様々なジャンルのこだわりの1冊が集まって、楽しみ極まりない市になりそうです。
en bok の2人は今からワクワクしています。

明日はその2をお知らせします。おたのしみに!
[PR]

by en_bok | 2013-03-09 13:45 | 川西空想書店